Home宇宙のリズムに乗る「生き方」> 人間の意識が目覚め始めてきた理由

精神世界の究極の悟り 生き方教室 【宇宙のリズムに乗る「生き方」】

人間の意識が目覚め始めてきた理由

「宇宙の法則」という言葉を盛んに耳にするようになってきた。
これは、まさしく人類の意識が目覚め出してきた、ということなのだ。
今までは、小さな範囲でしか、各々の個でしか、物事を見なかった。

精神世界を研究している方の中には、今の人々が目覚めていることについて、地球がそれだけ成熟したからだ、言う人もいる。
私は、むしろ「反動」によるものであると考えている。
ちょうど振り子のように、あっちの方向に行った分だけ、
こっちに戻る反動である。
行った分だけ戻るから、人間が欲得で暴走していたのが、その反動で反対方向に戻って目覚めざるをえなくなったのである。

それは、頭だけではなく、心、魂の部分で目覚める、ということなのである。
そうしなければ、人類の生きる道がないことが、
人間は少しずつ本能的にわかってきたのである。

ゴムをどんどん引っ張っていったら、ついに切れてしまうかパチンと戻るかのどちらかなのだ。
それと同じく、行きつくところまで行って切れてしまうか、戻るかのどちらかなのである。

このまま欲得で走ってもよいのだ。
ただ、最終的にはゴムと同様切れてしまう。

それも宇宙の法則なのである。
よく、宇宙の法則に従っているとか、宇宙の法則に背いているというような表現を耳にするが、それはまだ、
わかっていない証拠である。

なぜなら、すべてが宇宙の法則であり、宇宙の法則に反することはできないからなのである。

宇宙が一つの生命で、人間の存在はその中の細胞のようなものである、と捉える見方があるが、
それもまだ物質的な見方をしているにすぎないと思う。

マクロ、ミクロ、という言葉がある。
宇宙をマクロ、人間をミクロに見る傾向があるが、これなどは、まだ物体的にものを見ている証拠なのである。
元々、宇宙にはマクロもミクロもない。
両方とも無限なのである。
ミクロも無限、マクロも無限なのである。

人間は六十兆の細胞でできているというが、その細胞一つ一つは何かというと、やはり無限なのである。
細胞のようなものでも、全部宇宙そのものであり、無限だ、ということなのである。






05)「「生かされている」という事実」を読む


精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
精神世界・スピリ チュアルの最高峰!真我開発でアセンション(意識次元上昇)無料メルマガ!