Home宇宙のリズムを生活に生かす> 宇宙意識に目覚める生き方

精神世界の究極の悟り 生き方教室 【宇宙のリズムを生活に生かす】

宇宙意識に目覚める生き方

仏教を勉強している人が、私が開発した「真我開発講座」で貫いているポリシーを「自力本願」ではないか、
と質問する人がいる。

しかし、宇宙全体から見ると、「他力本願」や「自力本願」という言葉自体がおかしいのである。
自分で物事をやるのが自力本願である。
神様がやってくれる、仏様がやってくれる、というのが他力本願である。

しかし、宇宙全体から見たら他力も自力も、全部他力本願なのである。
「他力」というのは、宇宙の力といってもよいのだ。
地球を動かしているのは人間ではない。
心臓を動かしているのも人間ではない。
ましてや、人間は自分で自分を作れるわけでもない。
根本から見ると、人間が作ったものは一つもないのである。
飛行機、車を作っているのは、金属だが、これらは元々全部大地に埋もれていたものである。
人間はゴキブリ一匹作れない。

そういう意味では、絶対的な普遍の力、宇宙の力というものが他力だったら、すべてが他力といってよいのだ。
また、絶対的な他力は、宇宙意識や神と置き換えてもかまわない。
この世にあるすべてのものが心でできている。
誰かが心に描いたものが形となって現れてきている。

心というのは二つある。
人間の心と宇宙の心である。
宇宙の心を神といってもいい。

物を作るときは、二つの心が必要なのだ。
地球を作ったのは人間ではない。
石油や金属を作ったのも人間ではない。
すべては宇宙の心、神の心が作った。
宇宙の心が作った様々なものを、人間が組み合わせて飛行機や車などを作るのである。
二つの心という観点から見ると、心の全体が見えてくる。

宇宙意識は人間と同じような個性を持っているのかと、尋ねられたことがある。
人間と同じ個性というよりは、人間はもともと宇宙の一部として存在しているのだから、人間は宇宙意識そのものである、
といった方がいいと思う。
自分で様々なことを創造するのは、人間の頭だから、元々宇宙意識と人間の意識とは同じなのだ。
全部宇宙そのものなのだ。
それを全部神といってもいい。

しかし、私たち人間は本来もっている宇宙意識を使わずに、人間の頭ですべての物事を考えるために、
宇宙の心とズレが生じてきた。
宇宙の心は別名「愛」である。
絶対法則が、愛であるといってもよいであろう。
この完全な心と私たち人間の心との間にずれがあるのだ。
キリスト教で、片方を「神の子」といい、もう片方を「罪の子」という。
簡単にいうと、「神の子」とは、人間は神、イコール愛であり宇宙の法則である、ということを自覚することだ。
人間は神なのだ。
私は「真我」といっている。
本当の自分、神そのものの自分、仏心といってもいい。
それに目覚めるということである。

私たちは本来の心があるのに、本来の使命があるのにそれを自覚しようとしないで、自分勝手にやってしまう。
これを罪という。
真我に目覚めることが、これからの人間にとって最も大切なことなのである。



08)「宇宙のリズムに従えば、災害も怖くない」を読む


精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
精神世界・スピリ チュアルの最高峰!真我開発でアセンション(意識次元上昇)無料メルマガ!